「審査に時間がかかる」って

某月某日

プロ野球選手会がストを決断した。
記者会見では古田以外の選手を見たくて仕方なかった。どんな悲壮な顔を見せてくれるのか。
だが、画面に出るのは古田と右側の人たちばかりであった。残念。
会見終了後カメラがパンしたとき、高橋由伸の「拙者、誠に無念でござる。これにて御免」という表情が映しだされた。やっぱりアテネを経験した選手は違う。

古田選手会長はそのあとのニュース番組にもハシゴ出演。好感度急上昇ではないか。
北京は古田JAPANでもいいなという気になってきた。
お疲れでしょうが頑張っていただきたいです。

ひとつ気になったことがある。
NPB側の「審査に時間がかかる」という言い分である。どのような時間の使い方を想定しているのだろうか。

ひょっとしてさー、君たちさー、17時30分の定時で帰ろうとか思ってない? 昼休みは1時間ゆっくり取ろうとか、考えてるでしょ? おまけにさー、土日はびっちり休むつもりだったりしてなくない?

なめんなよ、と。

あのさー、毎日毎日終電で帰って、そのうち3日も4日も会社に泊まることになって、っていう生活知ってるかな? そういうのが続くと、嗅覚がなくなったりしちゃうんだよねー。そりゃあ美味しくないよ、食事だって。
人生ってなんだろ、何のために生きているんだろ、とか考えちゃうしさ。
それでもさ、プロジェクトが一段落ついたら定時に退社できるわけ。それはいいんだけど、会社を出たとたん、何していいかわからなくなって、軽いパニックなんかに襲われるちゃうんだよね。
そういうの経験あり?

もっと気合入れなはれ。NPBのためにがんばりなはれ。

2回目ですが、どうしても言いたくなったのでTBします。
プロ野球界にもの申す!
[PR]
by beertoma | 2004-09-18 04:44 | 阪神タイガース


<< シンボリデーバ メジロライアン その2 >>