なんちゃって1リーグ構想

来年のプロ野球は、従来どおりセ・パ6球団づつでペナントレースを行うことになったが、リーグ戦が終わったあとも全球団のファンが盛り上がれるよう、擬似1リーグ制 にしてはどうだろうか。
擬似1リーグ制というのは、ペナントレースは交流試合も含めて予定通りに行い、それが終わった後に年間の順位を決定するというものである。

1.両リーグの1位どうしが日本シリーズ。これは従来どおり。(年間の勝率ではなく、プレーオフでリーグ戦の順位が決定するとみなす。今年なら西武がパ・リーグ1位、ダイエーは2位)
2.両リーグの2位どうしで、(12球団としての)3-4位決定戦を行う。(7戦制で)
3.同様に、3位どうしで5-6位決定戦、4位どうしで7-8位決定戦、5位どうしで9-10位決定戦、最下位どうしで最下位決定戦、を行う。
プレーオフ終了後、3位から12位までの順位決定戦をいっせいに行う。終了後、日本シリーズを行う。(日本シリーズだけは特別なので)


ちなみに現在の順位で行くと今年はこうなります。

中日-西武(日本シリーズ)
ヤクルト-ダイエー(3-4位)
巨人-北海道日本ハム(5-6位)
阪神-千葉ロッテ(7-8位)
広島-近鉄(9-10位)
横浜大洋-オリックス(最下位決定戦)

1位以外のチームも、リーグ全体のレベルを問われるので、おろそかな試合はできません。

パ・リーグがプレーオフで盛り上がってるのがうらやましいので考えてみました。

プロ野球界にもの申す!
[PR]
by beertoma | 2004-10-12 01:31 | 阪神タイガース


<< 伊丹十三 「大病人」日記 ハンガリアンな部屋 >>