JC予想&反省

ここ何年間も欠かしたことのないジャパンカップ予想。ライフワークとも言えるこの予想をすっかりし忘れていることに気づいたのはレース終了後の審議中のことでした。自分でもビックリです。

いちおうの予想はしていました。ナカヤマフェスタが先攻して直線早めに抜け出せれば、ブエナビスタの末脚を封じることができるのではないか。でも、それを読んだブエナ陣営が先攻策をとって、4コーナー廻ってからまた突き放すというハーツクライみたいな強い勝ち方するんじゃないか。

いろいろ考えたのですが、最終的に出した結論は

◎ ナカヤマフェスタ(凱旋門賞からここというローテーションにイヤな予感がするが実力的に問題なし)
○ フィフティプルーフ(50度数という意味らしいから、「ウォッカ」ほど強くはないがそこそこ強いんだろうと)

の2頭の単勝で勝負というものです。

結果は、まあ、毎年恒例のハズレ。

それにしても、ブエナビスタの末脚はすごかった。こういうレースがあるから競馬は楽しい!と思えるレースでした。降着は残念ですが、これもまた競馬。来年はぜひスノーフェアリーと対決してほしいです。
[PR]
by beertoma | 2010-11-28 17:30 | 競馬


<< 喪主の挨拶 サセレシア - 演奏者不明 >>