「ファーゴ」

ファーゴ
/ ジェネオン エンタテインメント

「ファーゴ」は好きな作品で何度も見ています。

ストーリーを簡単に紹介します。

アホな男がおりましてぇ。職業は車のディーラーをやっとります。こいつが悪い奴で、自分の嫁さんを誘拐させよるんですわ。どういうことかぁいいますと、嫁さんの父親、つまり義父っちゅうやつですな、このお父っつぁんがお金持ちなんですわ。せやから泣きついて身代金を出させよういうんです。お父っつぁんは自分の娘が誘拐されたもんですから、当然お金出しますわな。ほんでその金をガメようっちゅう、こらまた何ともえげつない計画ですわ。
映画は誘拐を依頼するところから始まります。アホな亭主が頼みよるんですが、その頼む相手というのも、知り合いの知り合いいう、こら、そんな遠い縁の奴ら信用してホンマ大丈夫かいな?っちゅう話なんです。人相のけったいな二人組みなんですが。
ほんでやっぱり、大丈夫やなかったちゅう、そんな一席でございます。


アホな亭主、誘拐犯、警官、3者の行動が、細かいエピソードを交えながら、淡々と描かれている。
突き放した視点で作られているので、登場人物の誰かに感情移入するということはない。また、コメディタッチが前面に押し出されているわけでもない。
オバカな話を素直に楽しむことができる。

バカ亭主を演じているのが、ウィリアム・H・メイシー。
彼は、小物を演じさせたら世界一である。
とりあえずその場はうまく取り繕うのだが、物事の全体を見ていないため、状況がにっちもさっちもいかなくなる。そんな小物を演じるのがとても上手い。
彼の一挙手一投足に笑ってしまう。

「とにかく全体的に変な顔としかいいようがないわ」のスティーヴ・ブシェーミ、この作品でアカデミー助演女優賞に輝いたフランシス・マクドーマンドも、もちろん、素晴らしい。


ファーゴ(1996)
FARGO
監督:ジョエル・コーエン
脚本:イーサン・コーエン、ジョエル・コーエン
出演:フランシス・マクドーマンド、スティーヴ・ブシェミ、ウィリアム・H・メイシー
[PR]
by beertoma | 2004-11-06 01:35 | 映画


<< アルゼンチン共和国杯 島田紳助 >>