「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン
/ ドリームワークス
ISBN : B00007GR7W

元詐欺師の半生を描いた作品。

TVの予告編からの印象で、ユーモアやサスペンスに重点をおいた作品だと思っていた。デカプリオ主演だし。
ところが、予想よりも深く人間を描いていたので、集中して楽しむことができた。
トム・ハンクスがいい。見ていて笑ってしまうようなクソ真面目な男を演じさせたら世界一ではないか。
ダラダラと時系列で半生を見せるのではなく、軽くシャッフルしてあったのもよかったと思う。
[PR]
by beertoma | 2004-11-16 01:16 | 映画


<< 「都会の叫び」「闇の曲り角」 エリザベス女王杯 大反省 >>