「裏切りの街角」「歩道の終わる所」

裏切りの街角(1949)
Criss Cross
監督:ロバート・シオドマク
原作:ドン・トレイシー
脚本:ダニエル・フックス
出演:イヴォンヌ・デ・カーロ、バート・ランカスター、ダン・デュリエ

現金輸送車を襲う男たちの物語。
ストーリーにヒネリが効いていて、これで主演がB・ランカスターじゃなけりゃ言うことなしだったのに、の作品。
同じシオドマク&ランカスターの「殺人者」と似ているような気がするのは私だけだろうか。ひょっとして「殺人者」のヒットに気をよくして「もう一丁」と制作された作品なのかもしれない。
トニー・カーティスがチョイ役で出ていたらしいのだが気がつかなかった。


歩道の終わる所(1950)
Where the Sidewalk Ends
監督:オットー・プレミンジャー
原作:ウィリアム・L・スチュアート
脚本:ベン・ヘクト
出演:ダナ・アンドリュース、ジーン・ティアニー、カール・マルデン

正義感が強く、犯人を憎むあまり暴力的になってしまう刑事が、殺人事件に巻き込まれる話。
普通に殺人事件を解決するだけのお話かと思って観ていたら、「ほぉー、そうくるか」という展開があって引き込まれてしまった。
この展開ならラストは破滅型だろうと予想していたのだが・・・。脚本(ベン・ヘクト)がいいのはもちろんだが、ジーン・ティアニーの全人格が救いをもたらしたのだろう。
[PR]
by beertoma | 2004-11-18 01:39 | 映画


<< 「ガラスの鍵」 「都会の叫び」「闇の曲り角」 >>