ステイヤーズS反省、阪神JF予想など

<ステイヤーズS>
ダイタクバートラムが順当に勝つ。3角過ぎから徐々に加速していってそのまま突き抜けるという、見ていて気持ちのいい勝ち方だった。
買わないで正解。

<阪神JF>
牝馬限定のレース! しかも2歳! しかも重馬場!
考えるだけ野暮ってもんでしょ。
買うとしたら、個人的に贔屓にしている出目を狙います。
1-7、2-8、3-8、5-9、4-13 の馬連5点。

<K-1 WORLD GP 2004 決勝 >
ハリー・レイス似のフランソワ・ボタと、ゴルゴ13に出てきた殺し屋・スパルタカス似のレイ・セフォーを応援していたのだが、両者とも決勝に進めずに残念。
しかし、武蔵は古馬になって実が入り強くなってきた。3歳時は未勝利戦をウロチョロするだけでクラシック戦線など夢のまた夢だったのに、いつのまにかGⅠレースに出ている。
まるで、小林稔厩舎のムッシュシェクルのよう。
ただ、決勝は延長の1ラウンド目で決着がついていたように思った。(レミー・ボンヤスキーの勝ちで)
[PR]
by beertoma | 2004-12-05 01:10 | 競馬


<< 阪神JF反省 ステイヤーズS予想 >>