阪神牝馬S、CBC賞予想

<阪神牝馬ステークス>
アズマサンダースを軸にします。
コース実績を重視しました。今年に入って阪神1600mを2度走っていますが(チューリップ賞と桜花賞)、ともに2着に入線しています。負けた相手もスイープトウショウとダンスインザムードですから、そこから逆算すればここでは負けられないでしょう。
相手は、桜花賞で痛い目にあったマルターズヒート、オークスで痛い目にあったメイショウオスカル、あと、オースミハルカ、メイショウバトラーの4頭へ馬連で流します。
ひょっとしたら、5頭のBOXにするかも。
エルシエーロは、買うとゲロゲーロになりそうなので買いません。

<CBC賞>
昨年は馬連BOXを買うつもりが、直前でビビッてワイドに変更したため、万馬券を取り損ねてしまいました。今年は初志貫徹でいきたい所存です。

今年もシーイズトウショウがやってくれるでしょう。
ギャラントアロー、ドリームカムカム、ゴールデンキャスト、メイショウボーラーの4頭が相手ですが、馬連で流すのではなく5頭のBOXにします。
[PR]
by beertoma | 2004-12-18 23:54 | 競馬


<< 阪神牝馬S、CBC賞反省 M1漫才師列伝・その3「おぎやはぎ」 >>