「ファム・ファタール」

ファム・ファタール
/ 東宝

ロール(R・ローミン=ステイモス)は仲間と一緒にカンヌ映画祭の会場で宝石を盗もうとする。上手くいくかに思えたとき、彼女は宝石を一人占めにして逃げる。他人に成りすましてアメリカで生きていこうとするのだが・・・。

デ・パルマ監督が、映画愛を発揮して、撮りたいように撮った(と思われる)作品。

ここは「めまい」的雰囲気じゃないか、おっとこの設定は「ローマの休日」か、おやおや「飾り窓の女」か、うひょひょ「素晴らしき哉、人生!」でもあるじゃん、などと思っているうちに、見終わった。
デ・パルマの映画が好きで、ストーリーがちょっとグラグラで甘っちょろくても許せるという人なら、大いに楽しめる作品ではないでしょうか。


ファム・ファタール(2002)
FEMME FATALE

監督・脚本:ブライアン・デ・パルマ
出演:レベッカ・ローミン=ステイモス、アントニオ・バンデラス、ピーター・コヨーテ
[PR]
by beertoma | 2004-12-22 01:10 | 映画


<< 有馬記念4日前予想 M1漫才師列伝・その4「アンタ... >>