有馬記念4日前予想

あの馬かこの馬か、時々刻々と代わる本命をヴィヴィッドにお伝えします。(誰も聞きたかないでしょうけど)

ロブロイは買いたくありません。競馬で一攫千金を狙う者にあるまじき発言かもしれませんが、あいつのこと好きじゃないから買いたくないんです。ペリエが昨年のクリスエスのような騎乗をすれば、直線で失速すると確信してます。呪ってます。
栄えある菊花賞馬・デルタブルースを本命にしたいのはヤマヤマのヤマなんですが、ジャパンカップに出走、そして好走したというのがどうも気になります。この秋5走目となるので、押さえに回します。
タップはそれなりの力を発揮するでしょうから、無視するわけにはいきません。
バルクも5戦目、もうそろそろ疲れが出る頃でしょう。疲れてもらわんと困ります。よくて掲示板だと思います。

というわけで、今のところ本命はグレイトジャーニーです。
この秋3走してます。これを言い換えるなら、この秋3走しかしてないということです。
神戸新聞杯はキングカメハメハの0.5秒差4着。これは休み明けなんで仕方ないでしょう。
菊花賞はデルタから0.5秒差8着。得意の距離じゃないからこれで充分です。
前走は京阪杯。ダイワゲロゲーロから0.6秒差の5着。問題はこのレースをどう見るかです。あれは、ゲロゲーロのゲロゲーロによるゲロゲーロのためのレースでした。我がグレイトなジャーニーは、道中をずっと14番手で走り(4角も)、直線にむいてから上がり33.0という豪脚を披露したのです。
ゴール板を通過した瞬間、馬が「フッ、これで有馬への準備はできたぜ」という表情をしたのを私は見逃しませんでした。

ジャーニーから、デルタ、タップ、ツルマルボーイ、シルクフェイマス、ヒシミラクルへ馬連で流そう、というのが今日の予想です。
ではまた明日。
[PR]
by beertoma | 2004-12-22 01:20 | 競馬


<< M-1漫才師列伝・その5「ます... 「ファム・ファタール」 >>