「フル・フロンタル」

フル・フロンタル
/ アミューズソフトエンタテインメント

フル・フロンタル(2003)
Full Frontal
監督:スティーヴン・ソダーバーグ
脚本:コールマン・ハフ
出演:ジュリア・ロバーツ、キャサリン・キーナー、メアリー・マコーマック、ブラッド・ピット

<ストーリー紹介>
群像劇。映画プロデューサーの誕生パーティが開かれる一日、が描かれている。

<感想>
ロバート・アルトマンなどの群像劇とは一味違った作品にしようとしたのだろうが、マニアックすぎるような気がした。作為性を排除しようとしすぎではないだろうか。

本人として出演しているブラッド・ピットの存在が救い。うまい具合にガス抜きになっていた。
ジュリア・ロバーツとブラッド・ピットが出ていなければ、そして、「監督:スティーヴン・ソダーバーグ」とクレジットされていなければ、途中で観るのをやめていたと思う。

ネタバレになるので詳しくは書けないが、「それだったら白黒で撮ればいいのに」と何度も思った。
[PR]
by beertoma | 2005-01-13 01:20 | 映画


<< 「グランド・ミステリー」奥泉光 「外野フリーク狂奏曲」 >>