「ピクチャー・クレア」

ピクチャー・クレア
/ ジェネオン エンタテインメント

ピクチャー・クレア (2001)
PICTURE CLAIRE
監督:ブルース・マクドナルド
脚本:セミ・チェラス
出演:ジュリエット・ルイス、ジーナ・ガーション、ミッキー・ローク

<ストーリー紹介>
恋人に会うためトロントへとやってきたクレア(J・ルイス)。
彼女はフランス語しか話せない。つまり、誰に対してもトルシエのおっさんみたいな調子で話しかける。もちろん、トロントでは英語が常識。トルシエは非常識。道を尋ねてようとしても通じない。
そんな逆境の中、なんとか頑張って彼のアパートにたどりつく。
ところが、彼は不在であった。
仕方がない。クレアは一休みしようと近所のドーナツ屋に行く。
そのときである。店内で殺人事件が起こった。

犯人に間違えられた可哀想なクレアの物語。

<感想>
それなりによくできたサスペンス映画であった。
ジュリエット・ルイス、ジーナ・ガーション、ともに持ち味を出していたように思う。やはりこの二人は犯罪に絡まないと。

シーンとシーンのつなぎ方がユニークだった。画面を細かく分割して次のシーンを徐々に写していくという手法。テレビ画面で見ると細かすぎるのでイライラしたが、スクリーンで見れば程よい効果があったのかもしれない。
[PR]
by beertoma | 2005-01-22 01:10 | 映画


<< 「ディープ・エンド」 「1980(イチキューハチマル)」 >>