「ディープ・エンド」

ディープ・エンド (2001)
THE DEEP END
監督・脚本:スコット・マクギー、デヴィッド・シーゲル
原作:エリザベス・サンゼイ・ホールディング
出演:ティルダ・スウィントン、ゴラン・ヴィシュニック、ピーター・ドゥナット

<ストーリー紹介>
マーガレットは悩んでいた。長男のボウのことである。受験を控えているというのにチンピラ風の男と遊んでいるらしい。もちろん、ボウには何度か注意をしたのだが、こっそりと会っているようだ。
「ああ、こんな時に主人がいてくれたらなあ・・・」
彼女の夫は海軍の船乗りである。いったん洋上に出ると何ヶ月も家を空ける。毎日電話するというわけにもいかない。うらめしやネイヴィー。

そんなある朝のこと。マーガレットが朝のジョギングに出かけようとすると、何やら不可思議な物体が目に留まった。
なんじゃらほい? 近づいてよーく見てみると、なななな・ぬわんと! 死体があーるじゃあーりませんか。
しかも、顔に見覚えがある。あのチンピラ風の男だ!
「そういや、昨日の夜、ボウがこっそり表に出ていたざます。何やら揉めるような声もしたざます。
・・・・・。
ひょっとして、ひ・よ・つ・と・し・て、ウチのボウちゃんが殺したざます?」
そう思い込んだ彼女は、死体を捨てに出かける。

<感想>
「サスペンス・スリラー」と紹介されていたが、そうでもないです。
もちろん、「死体がどうなるか」「犯人がつかまるか」といった謎が、このストーリーを引っぱっていくエンジンなのですが、途中からは謎の追求よりもマーガレットの気持ちの描写に重点が置かれています。
その描写がとても上手く、最後まで大いに楽しみました。

サスペンスからドラマへの切り換えも見事です。「おぉっ、そう来るか」と惹きこまれてしまいました。

ティルダ・スウィントンの演技も言うことなし。
電話ボックスで家に電話をしているマーガレットがふと外を見る。車の横に立っている男の姿が目に入る。
あのときの彼女の表情に感動しました。
[PR]
by beertoma | 2005-01-22 01:20 | 映画


<< カムザタン 「ピクチャー・クレア」 >>