「めぐりあう時間たち」

めぐりあう時間たち DTSスペシャルエディション (初回限定2枚組)
/ アスミック

めぐりあう時間たち (2002)
THE HOURS
監督:スティーヴン・ダルドリー
原作:マイケル・カニンガム
脚本:デヴィッド・ヘア
出演:ニコール・キッドマン、ジュリアン・ムーア、メリル・ストリープ、ジョン・C・ライリー、トニ・コレット、エド・ハリス、クレア・デインズ、ジェフ・ダニエルズ、アイリーン・アトキンス

<ストーリー紹介>
3人の女性が主人公。それぞれの一日が(交互に)描かれている。
1人目は作家のヴァージニア・ウルフ(ニコール・キッドマン)。1923年。ロンドン郊外で病気療養しながら「ダロウェイ夫人」を執筆中。
2人目は主婦のローラ・ブラウン(ジュリアン・ムーア)。1951年のロサンジェルス。今日は夫の誕生日なので息子とケーキを焼いている。
3人目は編集者のクラリッサ・ヴォーン(メリル・ストリープ)。2001年のニューヨーク。今夜は彼女の家でパーティが開かれる。その準備中。

<感想>
文芸作品の映画化は退屈するものが多く、これもそんな一本ではないかと心配したが、杞憂に終わった。3人の主人公をカットバックによって交互に描くという手法がいい。飽きることなく最後まで楽しめた。
これがオムニバス形式だったらどうだろう。「ヴァージニア・ウルフの一日」「ローラ・ブラウンの一日」などと一人分ずつ見せられていたら、退屈したかもしれない。
ただ、どちらの場合でも、最終的に見るフィルムの量は同じである。順番が違うだけで。
朝三暮四のサルをあまり馬鹿にはできないということか。

ただ、どうせ三人使うのならもっと相乗効果を生むようなストーリーにして欲しかった。1+1+1が5にも6にもなる筈なのに、ここでは1+1+1=3.5にしかなっていない(ような気がする)。
まあ、そういう、構成で驚かせるタイプの映画ではないので、仕方ないのだろうが。

3人の主演女優の演技が素晴らしい。とくにメリル・ストリープ。やっぱりすごい。すごすぎる。受けの表情の上手さは筆にも舌にも尽くしがたい。


ヴァージニア・ウルフの小説を読んだことがあれば、もっと楽しめる作品なのかもしれません。
[PR]
by beertoma | 2005-01-24 01:10 | 映画


<< 島田紳助復帰 カムザタン >>