「ザ・ロイヤル・テネンバウムズ」

ザ・ロイヤル・テネンバウムズ
/ ブエナビスタ・ホームエンターテイメント

ザ・ロイヤル・テネンバウムズ (2001)
The Royal Tenenbaums
監督:ウェス・アンダーソン
脚本:ウェス・アンダーソン、オーウェン・ウィルソン
出演:ジーン・ハックマン、アンジェリカ・ヒューストン、グウィネス・パルトロー、ダニー・グローヴァー、 ビル・マーレイ

<感想>
家族の再生の物語。
アキ・カウリスマキの映画をアメリカ化したような印象。心に傷を持ったちょっとおかしな人々が、脳内でアドレナリンを出すことなく生きているさまを描いている。

コメディと紹介されているが声をあげるような笑いはない。また、ドラマチックな展開やカタルシスもない。

この作品は映画館かDVDで見るべきである。オレンジや赤といった色が数多く使用されているので、ビデオ+ブラウン管で見ると、色が割れたり滲んだりして集中できない。
「この場面は映画館だとどういう印象になるのか」を絶えず考えながら観るのは辛いっす。
[PR]
by beertoma | 2005-01-25 01:10 | 映画


<< 「チェーン・リアクション」 島田紳助復帰 >>