「ドリームキャッチャー」

ドリームキャッチャー 特別版
/ ワーナー・ホーム・ビデオ

ドリームキャッチャー (2003)
Dreamcatcher
監督:ローレンス・カスダン
原作:スティーヴン・キング
脚本:ウィリアム・ゴールドマン、ローレンス・カスダン
出演:モーガン・フリーマン、トム・サイズモア、ダミアン・ルイス

<ストーリー紹介>
昔の仲間たちが山小屋に集まって楽しい時間を過ごしていたら、一人の男がやってきて、何もかもめちゃくちゃにしてしまう物話。

<感想>
モーガン・フリーマンの主演、ローレンス・カスダンが監督ということで大いに期待したのだが、「キングの小説はストーリーだけ取り出しても楽しめない」ことを証明する結果となってしまった。
原作を読んでいないので詳しいことはわからないのだが、”いいとこ取り”をしようとしすぎたのではないか。M・フリーマンのエピソードをばっさりカットするか、あるいは、監督にスピルバーグを起用してその政治力(?)で4時間の超大作にするか。
脚本化の仕方に問題があったと思う。

ただし、M・フリーマンが出ていることと、"Blue Bayou"が使われていたことで、私は満足していますが。
("Blue Bayou" はロイ・オービンソンよりもリンダ・ロンシュタットのバージョンの方が絶対にいいと思います。サビの直前に入る、あのコーラスにはどうも馴染めません)
[PR]
by beertoma | 2005-01-30 01:10 | 映画


<< 「タイムライン」 「ノー・グッド・シングス」 >>