「アトミック・ハザード」

アトミック・ハザード (2002)
Critical Assembly
監督:エリック・ラニューヴィル
出演:カー・スミス、キャサリン・ハイグル、マイケル・ビーチ

<ストーリー紹介>
エイミーはヘッドがグッドでフェイスもグッド、つまりクレバーでキュートな女子大生。原子物理学専攻です。
ある日、キャンパスでボビーという男前と出会います。二人は恋に落ちました。

二人が会話します。
ボビー曰く「なあエイミー、ポリティカルなトークしていいかい? あのね、核についてどう思う? 政府は本気で核の廃絶をしようとは思ってないよね? だからさ、俺たちで原爆をサクサクッと作っちゃわない? それを公表しちゃわない? 素人でも簡単に作れることを思い知らせたら、彼らも重い腰をあげると思うんだ」と。
エイミー曰く「なるほど」と。

我らがエイミー、持てる英知をふり絞り、無事に原爆を完成させます。さすがであります。
ところが、ここにもいましたテロリスト。虎の子のアトミック・ボムを彼らが奪っていったのであります。

エイミーは我に返りました。
「なんで作っちゃったんだろ? ホントどうかしてた・・・。あたしのバカ!バカ!バカ!」


<感想>
なんで見ちゃったんだろ? ホントどうかしてた。

なんで録画してしまったんだろう。
いったん録画してしまうと、見ずに消去するということができない。「ひょっとしたら隠れた名作かもしれない」と考えてしまう。録画前にもっと吟味しなければ。
(面白くない作品を見ることで得るものもありますが)

TV用映画で、予算がなくて仕方ないのかもしれないが、説明セリフが多くて映像的に処理しきれていなかったように思う。
ユニークなカットのつなぎ方もありましたが。(2人の捜査官が会話しながら司令室に入っていく場面)
[PR]
by beertoma | 2005-02-03 01:10 | 映画


<< 「クライング・ゲーム」 「刑事ジョン・ブック 目撃者」 >>