「ミニミニ大作戦」

ミニミニ大作戦 コレクターズ・エディション
/ ポニーキャニオン

ミニミニ大作戦 (2003)
The Italian Job
監督:F・ゲイリー・グレイ
脚本:ドナ・パワーズ、ウェイン・パワーズ
オリジナル脚本:トロイ・ケネディ・マーティン
出演:マーク・ウォールバーグ、エドワード・ノートン、シャーリーズ・セロン、ドナルド・サザーランド

<ストーリー紹介>
”仲良し泥棒6人組”がヴェネツィアで金塊を盗みだすことに成功した。
下調べ良し、実行力良し、逃げ足良しの3拍子が揃っているので、ホホイのホイである。

「ホント俺たちって最高だよな」
「言うことナシだよ」
「チームワークもバッチリだし」
「この6人でグループ作って歌ださねえか? ニュー・キッズ・オン・ザ・ブロックみたいによ」
「そりゃいいな、ハハハハハ」

あとは山分けするばかりだったちょうどその時、スティーヴ(E・ノートン)が残りの5人に銃を向けた。
「この金塊はぜんぶオレ様がいただく」
裏切りだった。

<感想>
「ミニミニ大作戦」=「小さい小さい大きい作戦」=「小さい小さい大きい作戦」=「小さい作戦」という数式が成り立つようにも思うのだが、
「ミニ・クーパーに乗って金塊を奪還するビッグ・プロジェクトだから『ミニミニ大作戦』」であるらしい。

お金かけて、いい俳優使って、そつなく仕上げてあった。
アクション映画が好きな人なら見て損はしない作品だと思う。


ちなみに、エドワード・ノートンがアクターズ・スタジオ・インタビューに出演していた際、「外国語ができるか」という質問に、以下のように受け答えをしていました。
「外国語はできる?」
「アジア史が好きで、日本語を勉強していたんだ」
「使ったことあるの?」
「あるよ。大阪にひと夏の間、4ヶ月ほど住んでいたから。向こうで仕事をしていたんだ」
「日本語はどれくらい話せるの?」
「会話には不自由していなかったよ。ニュースも見てたし。もうほとんど忘れたけどね。でも、今でも映画の宣伝で行くと、日本語で会話できるよ」

日本滞在がいつのことかは不明ですが、大阪在住の人はどこかで彼とすれ違っていたかもしれません。
[PR]
by beertoma | 2005-02-11 05:54 | 映画


<< 「アバウト・ア・ボーイ」 「キル・ビル Vol.2」 >>