「トゥー・ウィークス・ノーティス」

トゥー・ウィークス・ノーティス 特別版
/ ワーナー・ホーム・ビデオ

トゥー・ウィークス・ノーティス (2002)
Two Weeks Notice
監督・脚本:マーク・ローレンス
出演:サンドラ・ブロック、ヒュー・グラント、アリシア・ウィット

<ストーリー紹介>
(日本公開時のコピーをもってストーリー紹介に代えさせていただきます)

好きだと気づいたのは、辞表(トゥー・ウィークス・ノーティス)を出した時でした…
ずっと待っていた! 2003年の“キング・オブ・ラブストーリー”
世界で一番ありえない人こそ、もしかしたら…。



<感想>
そういう映画だとはわかっていたのだが、サンドラ・ブロックもヒュー・グラントも好きな俳優なので、ほんの出来心でつい録画してしまう。30分見たところで一度は挫折したのだが(成人男子ならふつうの反応だと思います)、ええい!なるようになれ!と最後まで見てしまった。

やっぱり、基本的に、映画内では誰か殺されてほしい。

現実の世界では毎日多くの人が殺されている。そういったニュースを耳にするたび、胸が痛む。
「だから映画の中くらいは、そういったことに無縁の明るく夢のある世界であって欲しい」 と、まともな人なら考えるのだろう。
だが、私の場合、「映画の中くらいは、胸の痛まない殺人を見てみたい」と考えてしまう。


殺されると気づいたのは、辞表(トゥー・ウィークス・ノーティス)を出した時でした…
ずっと待っていた! 2003年の“キング・オブ・ラブマーダー”
世界で一番ありえない人こそ、もしかしたら…。殺人者?

こういうのたのんます。
[PR]
by beertoma | 2005-02-13 05:50 | 映画


<< 「ガキの使い」DVD第4巻 傑... 「アバウト・ア・ボーイ」 >>