「アイデンティティー」

アイデンティティー コレクターズ・エディション
/ ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
ISBN : B0002T1ZFI

“アイデンティティー” (2003)
IDENTITY

監督:ジェームズ・マンゴールド
脚本:マイケル・クーニー
撮影:フェドン・パパマイケル
タイトルデザイン:カイル・クーパー
出演:ジョン・キューザック、レイ・リオッタ、レベッカ・デモーネイ、アマンダ・ピート


<ストーリー紹介>
大雨の夜にハイウェイ沿いのモーテルに泊まっていた10人の男女が、一人、また一人と殺されていく。
犯人は誰? 目的は何?

<感想>
こういう作品にぶち当たるから、出来心での録画はやめられません。
WOWOWの番組表を見たかぎりでは、安っぽいサスペンス映画のように思えたのですが、今は、録画した自分を誉めてやりたい気持ちで一杯です。
神様ありがとう。人類のみんな、ありがとう。生きとし生けるもの、ありがとう。

脚本家の発想の勝利でしょう。
他にも同じような話を思いついた人はいるのかもしれませんが、そしてまた、何らかのカタチで作品化されているのかもしれませんが、ここまで見事な娯楽作品にしたのは人類初ではないでしょうか。
アメリカ合衆国の底力を思い知らされました。

といっても、まだ御覧になっていない方は、多大な期待をなさらないように。
「どうせやっつけ仕事だろう」くらいの先入観で臨んでください。

「スクリーム」や「バウンド」や「CUBE」や「完全犯罪」が好きな人なら、85%くらいの確率で気に入ると思います。
[PR]
by beertoma | 2005-02-14 05:00 | 映画


<< 「大通りの店」 「ガキの使い」DVD第4巻 傑... >>