「ゴールデンボーイ」

ゴールデンボーイ
/ ジェネオン エンタテインメント

ゴールデンボーイ (1998)
Apt Pupil
監督:ブライアン・シンガー
原作:スティーヴン・キング
脚本:ブランドン・ボイス
出演:イアン・マッケラン、ブラッド・レンフロ、ブルース・デイヴィソン、デヴィッド・シュワイマー

<ストーリー紹介>
トッド・ボウデンは成績優秀、スポーツ万能、顔面良好と三拍子揃った高校生。クラスの女の子たちから「あの子、ジョン・キューザックに似てやるー」と噂されているとか(いないとか)。
そんなトッドであるが、彼にだって「ブログにしか書けない「恥ずかしい話」」がある。
実は、”隠れナチおたく”なのである。ナチスドイツに関する本は、将校たちの顔をほとんど憶えてしまうくらい熱心に読んでいる。

ある日トッドはバスの中で一人の老人を見かけた。
「あの人、どっかで見たことあるなあ」
老人に気づかれないようそっと盗み見をして考える。
「テレビに出てた人? いやいや、そんなんとちがう。・・・。グランパの友達? ノーノー、そういう知り合いじゃない。・・・。なんや、この感じ? 今、おれの頭の中で、ネガティヴな感情がうごめいているぞ。なんや? なんやー?? ・・・。 うぎょぴょ!! 思い出した! あのじいさん、あのじいさん、ナチスの将校やんけ。そうや、間違いない。あのじいさん・・・」

彼は老人を尾行することにした。


<感想>
原作とは少し異なる展開になっているが、これはこれで楽しめました。

この作品の見どころは、なんと言ってもイアン・マッケランの演技ではないでしょうか。
見かけは温厚だが実は心の中に魔物を飼っていて、一対一で会話を重ねていくうち、その魔物の部分で相手を呑み込んでしまおうとする。そういう人物を演じさせたらこの人の右に出るものはいません。
(といっても、私の知っているそういう演技は、この作品と「ゴッド&モンスター」だけですが)
[PR]
by beertoma | 2005-02-22 05:19 | 映画


<< 「航路」コニー・ウィリス 「サイコ2」 >>