「ボーン・アイデンティティー」

ボーン・アイデンティティー
/ ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン

ボーン・アイデンティティー (2002)
The Bourne Identity
監督:ダグ・リーマン
原作:ロバート・ラドラム
脚本:トニー・ギルロイ、ウィリアム・ブレイク・ヘロン
出演:マット・デイモン、フランカ・ポテンテ、クリス・クーパー、クライヴ・オーウェン

<ストーリー紹介>
ジェイソン・ボーンが自分探しの旅に出る話。

<感想>
ヒットしたのも頷ける出来でした。

舞台がヨーロッパであること。
アクション映画の舞台といえば、LAたら、NYたら、そんなんばっかりです。やっぱり、旧大陸はエキゾチックです。
いずれは日本を舞台にしてもらいたいものです。(ハットリ・ハンゾーの寿司屋みたいなのはご勘弁)

パリを舞台にしたカーチェイスは「ミニミニ大作戦」よりもミニミニしてました。

”緊張”一辺倒の脚本ではなく、”緩和”の部分があったこと。
マリーが電話ボックスをノックするところ、など。観客の心を押したり引いたり、うまく操っていたと思います。

主役がマット・デイモンであること。
彼の持つイメージは、派手な立ち回りに似合わないと思っていましたが、観ている間、そんなことは忘れてました。ジェイソン・ボーンはこういう男なんだと納得できました。これなら「キル・ビル」に出しても恥ずかしくありません。

ちなみに、私の中では、マット・デイモン、レオナルド・ディカプリオ、マーク・ウォルバーグの3人は、イメージがダブっています。それぞれがこれまで演じた役は交換可能なのではないか、そんな気がします。
と思っていたところ、マーティン・スコセッシの新作 "The Departed"(2006年に公開予定)で、この3人が共演するらしいことを知りました。おったまげました。スタローンとシュワルツネッガーとスティーヴン・セガールが共演するようなもんです。
[PR]
by beertoma | 2005-02-26 05:17 | 映画


<< 「8mm」 「ダーク・スティール」 >>