「黄金の腕」

黄金の腕 (1955)
The Man with the Golden Arm
監督:オットー・プレミンジャー
原作:ネルソン・アルグレン
脚本:ウォルター・ニューマン、ルウィム・メルツァ
撮影:サム・リーヴィット
音楽:エルマー・バーンスタイン
タイトルデザイン:ソウル・バス
出演:フランク・シナトラ、エレノア・パーカー、キム・ノヴァク、アーノルド・スタン、ダレン・マクギャヴィン、シェリー・マン

<ストーリー紹介>
半年の療養所生活で麻薬中毒を断ち切った男が、新しい生活を始めようとするのだけれど、そうは問屋が卸さないお話。

<感想>
よくできたドラマ。
「失われた週末」ではアルコール中毒患者をレイ・ミランドが好演していましたが、この映画のシナトラも負けず劣らずの熱演です。ちょっと大げさなところもありますが、そこは50年代の映画です。気になりません。

キム・ノヴァクはいつものように美しいです。

主人公が売人のところへヤクを買いに行くシーンが何度かあって、その都度、あまり上品とはいえないビッグバンドジャズが流れていました。これがあまりにも大げさな音楽だったので、クスリが欲しくて歩いているのではなく、この音楽に(条件反射で)反応して歩いているように思えました。
[PR]
by beertoma | 2005-03-05 05:40 | 映画


<< 「ゲーム」 「バリ島珍道中」 >>