弥生賞予想

ディープインパクトで仕方ないのでしょうけど、それで納得するのもシャクです。
勝てないケースを、無理矢理ですが、推理してみました。

武豊はこの馬で三冠を取るつもり → このレースに勝つのは決まっている → 後方待機策だけでなく先行する競馬も覚えさせたい → 先行するも馬がペースに戸惑う → 失速

自信がアダになるかもしれません。

それに、クラシック戦線を前にして直線一気の末脚で名を揚げた馬は、いま一つ、運がないような気もします。たとえば、マティリアル、イブキマイカグラ、ナムラコクオー。

”チョイ差し”のマイネルレコルト(私が勝手につけた仇名です)が、何とかしてくれるのではないでしょうか。

マイネルレコルト → ディープインパクト、マイネルレコルト → ニューヨークカフェ
の馬単2点で。

中京記念はダンツジャッジから。
[PR]
by beertoma | 2005-03-06 05:59 | 競馬


<< 弥生賞反省 「地獄の高速道路(ハイウェイ)」 >>