「28日後...」

28日後...特別編
/ 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

28日後... (2002)
28 DAYS LATER...
監督:ダニー・ボイル
脚本:アレックス・ガーランド
撮影:アントニー・ドッド・マントル
出演:キリアン・マーフィ、ナオミ・ハリス、ブレンダン・グリーソン、クリストファー・エクルストン

<ストーリー紹介>
ある朝のこと。

眠りから覚めたジムは、自分が病院のベッドに横たわっていることに気がついた。腕や脚にはチューブが装着されている。
オレはなんで病院にいるんだろう? 誰かに尋ねようとしたが、まわりには誰もいない。誰もいないだけではない。物音一つしない。
再び眠気が襲ってきた。ホンヤリとした頭に記憶がよみがえる。ああ、そうだ、事故ったんだった。 自転車で走ってて、車とぶつかって・・・。
しばらくそのままじっとしていたが、医師や看護婦がやってくる気配はない。静まりかえったままなのを不思議に思い、そろそろと身体を起こしてみた。どこにも痛みはない。ベッドを抜け出し廊下に出てみた。
床には医療器具が散乱していて、ストレッチャーが無造作に置かれている。たったいま重症患者を運んできたばかりにも思える。だが人の姿はない。
1階の受付まで降りてみた。聞こえるのは、ただサウンド・オブ・サイレンス。

ジムは病院の外へと出てみた。誰かいませんか? そう大声で叫びたいのを我慢して歩き出す。大声を出すのは危険である。第六感が告げていた。

あちこち歩き回ってみるのだが、人っ子一人いない。一人ぼっちのジム。たった一人のイギリス人。
これはサプライズ・パーティなの? ロンドン中がオレのためにやってくれてるのか? それとも、なんかのドッキリ? でもオレ、素人だよ。そう考える余裕もなかった。

やがて、ジムはセリーナという女性と出会う。彼女から恐ろしい話を聞かされる。

数週間前、超極悪ウィルス流行。
感染者即刻凶暴化。襲撃殺戮。相互殺人。
殺人殺人。次々死亡。殺人殺人。生存者少数。
人類滅亡?

<感想>
ホラー映画のようでもあり、アクション映画のようでもあり。

こういったストーリーはハリウッド映画が最も得意とするところであり、まともに張り合っては勝ち目がない(とくに金銭面で)。そういったところをどう処理していくのか、興味深く見守った。
アクション超大作を意識せずに、できる範囲内でのエンターテイメント作品に仕上げていた点に好感が持てた。
[PR]
by beertoma | 2005-03-12 23:54 | 映画


<< 「オール・アバウト・マイ・マザー」 「優駿」3月号DVD付き >>