花粉症撲滅への道

私は十数年来、花粉症被害者の会のメンバーです。
これといった花粉症対策はないのですが、つねづね考えていることをこの機会に述べさせていただきます。

それは、呼び名を代えていただきたい、ということです。
狂牛病はBSEと名前が代わりました。国電がE電に、林家こぶ平が林家正蔵に変化してしまうこのご時世です。花粉症がなぜ花粉症のままなのか理解に苦しみます。
この国では災難が降りかかると、長いものに巻かれながら臭いものにフタをするのが常識です。花粉症対策には「花粉症」という言葉を使わないことが一番ではないでしょうか。

では、どういった言葉に置き換えるのか。
一漢字一単語法で英訳すれば、「花粉症」は「フラワー・パウダー・シンドローム」となります。
頭文字を採って「FPS」としてはいかがでしょうか。あるいは、ちょっと小粋に「フラッパー」と呼ぶのもいいかもしれません。関西在住で遊園地が好きな人なら「ふらぱー」でしょうか。

病は気からと申します。FPSの真の原因は杉のFPではなく「花粉症」という単語にあると私は睨んでいます。


あなたの花粉症対策は?
[PR]
by beertoma | 2005-03-25 04:44 | その他


<< 「ゴスフォード・パーク」 「シックス・センス」 >>