「果てなき船路」

果てなき船路 (1940)
The Long Voyage Home
監督:ジョン・フォード
製作:ウォルター・ウェンジャー
原作戯曲:ユージン・オニール
脚本:ダドリー・ニコルズ
撮影:グレッグ・トーランド
出演:ジョン・ウェイン、トーマス・ミッチェル、イアン・ハンター、ウォード・ボンド、ミルドレッド・ナトウィック、バリー・フィッツジェラルド

<ストーリー紹介>
商船グレンケアン号の乗組員たちの物語。

<感想>
冒頭のシーンが印象的。南の島を思わせる、ゆったりとした音楽をバックに、甲板から遠くを眺める船員たち、椰子の木に寄りかかる娼婦たち、のカットが交互に映し出される。
マックス・キャッスルの映画はこんな風だったのではないか、と思わせるシーンであった。(マックス・キャッスルは『フリッカー、あるいは映画の魔』(セオドア・ローザック 文春文庫)というミステリ小説に出てくる架空の映画監督)

『傷だらけの映画史 ウーファからハリウッドまで』(蓮實重彦、山田宏一 中公文庫)によれば、この映画の脚本は、ユージン・オニールの一幕物の戯曲4本を組み合わせたものらしい。「幕末太陽傳」が何本かの落語を組み合わせて作られたようなものか。
一本筋の通ったメインのストーリーで引っぱっていくのではなく、ダラダラとした感じで話が進んでいく。(そのダラダラ感が気持ちいい)

グレッグ・トーランドによる「表現主義的な光と影の画づくり」がストーリーにマッチしていた(ような気がする)。
[PR]
by beertoma | 2005-04-01 00:02 | 映画


<< ディープインパクト 「スターゲイト」 >>