「リプレイ」

リプレイ
/ アミューズソフトエンタテインメント
ISBN : B0002RN7W4

<ストーリー紹介>
記憶喪失者として病院のベッドで目覚めた男が「あなたは人殺しよ」と告げられパニクる物語。

<感想>
「アイデンティティー」の脚本家マイケル・クーニーの舞台劇を映画化した作品らしい。たしかにこれもパズル的要素の強い作品ではあるが、あれほどの「やられたー!」という快感はなく、「ふーん、そうやったんや。それはこりごりさんやったなあ」と激励の気持ちが湧く程度であった。
(観ている間は夢中にさせられたので満足していますが)

公開時のコピーの

脳感覚を刺激する、記憶のパズル・フィクション!
――2分間の死が男を記憶の迷宮に陥れていく――

というのはネタバレではないのだろうか。見終わった直後の「なーんやそれ」というツッコミを避けるためなのかもしれないが、面白さを減じていると思う。
それとも、これがネタバレだという指摘がネタバレなのだろうか。
[PR]
by beertoma | 2005-04-28 05:42 | 映画


<< 「フリッカー、あるいは映画の魔」 「ララミーから来た男」 >>