天皇賞(春)予想

軽視させていただく有力馬

リンカーン : 去年と同じように人気になっているのが、どうにもこうにも胡散臭い。
ヒシミラクル : もう1走必要ではないでしょうか? 流れが向かないような気が。
アイポッパー : そのままの勢いでG1も勝つとは思えません。去年のシルクのように3着が精一杯か?
マカイビーディーヴァ : 外国馬が長期滞在すると裏目に出ることが多いのでパス。
アドマイヤグルーヴ : 距離が持たない。
サンライズペガサス : ヒーズ・ソー・オールド。

ザッツとシルクが先行してレースを引っ張り、どちらかが残ると見ています。
2着に突っ込んでくるのは、4歳馬4頭(ハーツクライ、ハイアーゲーム、スズカマンボ、トウショウナイト)のうちのどれかでしょう。なんじゃかんじゃ言うても強い世代だと思います。

馬連でザッツから4頭へ、シルクから4頭への計8点。
念のためにザッツ-シルクも加えて合計9点で勝負します。
[PR]
by beertoma | 2005-05-01 05:54 | 競馬


<< 天皇賞(春)反省 「ティアーズ・オブ・ザ・サン」 >>