「クリムゾン・リバー」

クリムゾン・リバー デラックス版
/ ジェネオン エンタテインメント
ISBN : B000657NNQ

クリムゾン・リバー (2000)
LES RIVIERES POURPRES
監督:マチュー・カソヴィッツ
原作:ジャン=クリストフ・グランジェ
脚本:マチュー・カソヴィッツ
出演:ジャン・レノ、ヴァンサン・カッセル、ナディア・ファレス、ドミニク・サンダ、カリム・ベルカドラ

<ストーリー紹介>
アルプス山中にある不思議な雰囲気の大学。そこで働いていた職員が惨殺される。両腕を切断されたうえに目玉をくりぬかれるという残虐な殺され方であった。この事件の担当がジャン・レノ刑事。
同じころ、別の町で墓場荒らしが頻発していた。この事件の担当はヴァンサン・カッセル刑事。

全く無関係に思えた二つの事件であったが・・・。


<感想>
サッカーで強いフランスが、野球に手を出してボロ負けてしてしまったような印象。大げさな仕掛けやアクションにこだわったあまり、最後が大味になってしまった。

フランスの刑事は、アメリカ映画の刑事ほどタフでないような気がして、犯人を追いつめる際には不安になってしまう。FBIやCIAの助けを借りればいいのに、と何度思ったことか。
ま、そこがかえってサスペンスを生んでいたので良かったのですが。
[PR]
by beertoma | 2005-05-06 04:11 | 映画


<< 「クリムゾン・リバー2 黙示録... 「シマロン」 >>