「バッファロー'66」

バッファロー'66
/ ポニーキャニオン

バッファロー'66 (1998)
BUFFALO '66
監督:ヴィンセント・ギャロ
脚本:ヴィンセント・ギャロ、アリソン・バグノール、クリス・ハンレイ
出演:ヴィンセント・ギャロ、クリスティナ・リッチ、アンジェリカ・ヒューストン、ベン・ギャザラ、ロザンナ・アークエット、ミッキー・ローク

<ストーリー紹介>
刑務所から出所してきたビリーが、通りすがりのレイラを誘拐するんだけれども、このレイラっちゅう女がこれまたとんでもない女で、ビリーにホイホイついていく話。

<感想>
ジャームッシュの映画を思わせるようなリズムと映像。
ジャームッシュが頑なに自分のスタイルを貫いているのに対し、ヴィンセント・ギャロはそこから自分なりにいろいろアレンジして付け加えたという印象を受けた。

この映画を観て思い出したのは、私がミッキー・ロークの顔をすぐ忘れてしまう、ということである。
一世を風靡したスターで、出演作も何本か見ているというのに。
彼の顔を思い出そうとするたび、ブルース・ウィリスの顔が浮かんでくる。
[PR]
by beertoma | 2005-05-09 05:08 | 映画


<< 「チャイナタウン」 NHKマイルカップ、都大路ステ... >>