「ライフ・オブ・デビッド・ゲイル」

ライフ・オブ・デビッド・ゲイル
/ ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
ISBN : B0009EVJ3E

ライフ・オブ・デビッド・ゲイル (2003)
The Life of David Gale
監督:アラン・パーカー
脚本:チャールズ・ランドルフ
出演: ケヴィン・スペイシー、ケイト・ウィンスレット、ローラ・リニー、ガブリエル・マン、マット・クレイヴン

<ストーリー紹介>
田舎の道を一台の車が猛スピードで走っている。運転しているのは女性記者のビッツィー。何やら焦っている様子だ。
ところが、そんな彼女の焦りをあざ笑うかのように、この時を待っていたかのように、車が故障してしまう。
ガッデム! もひとつガッデム! いくら罵倒してもエンジンはかからない。仕方がない。ビッツィーは車を降りて走り出した・・・。

そんなビッツィーが体験した、死刑にまつわる、世にも奇妙な物語。

<感想>
公開時コピーが問う。「あなたはこの結末に納得できますか…」
ちょっとできまへんなあ・・・。

K・スペイシー、K・ウィンスレット、L・リニーといった一流の俳優たちが出演を承諾し、監督が”ミスター世間に訴えたい男”のアラン・パーカーである。何かあるやろ、だいたいこんなオチやろ、と思っていたら、やっぱりその通りだった。
おそらく、「オチが読まれてもいい。観た人が死刑制度について考えてくれればそれでいい」という考えで作られているのだろうが、なんか「趣味わるいなー」という気がする。

ケヴィン・スペイシーは、もちろん演技力抜群で素晴らしい俳優であるけれども、「セブン」で ”何でもありの人” になってしまったので、このストーリーで主役を演じても結末のインパクトはあまりないように思う。どうせなら、温厚な人物を数多く演じている俳優にやってほしかった。(例えば、トム・ハンクスとか)

観ている間はかなりのめり込んだし、素晴らしい俳優たちの演技も楽しんだんだけれど、ちょっと残念な作品。
[PR]
by beertoma | 2005-05-10 05:20 | 映画


<< 「バッドボーイズ2バッド」 「チャイナタウン」 >>