「密告」

密告 (1943)
LE CORBEAU
監督:アンリ=ジョルジュ・クルーゾー
出演:ピエール・フレネー、ピエール・ラルケ、ミシュリーヌ・フランセ、ジネット・ルクレール

<ストーリー紹介>
田舎の町で平和に暮らす人々が、怪文書によって互いに疑心暗鬼となっていくさまを描いた作品。

<感想>
現代のアメリカ映画はサービス満点の作りになっているため、心の準備をまったくせずに完全なお客さん状態で臨んでも、大いに楽しめるようになっている。疲れで心的エネルギーが低下していても、ほとんどの場合、最後まで見てしまう。
ところが、古い映画に対しては、ましてやそれがフランス映画の場合は、前もっての心構えが必要で、こちらから身を乗り出すようにして観ないと、けっこう惨めな映画体験となることが多い。睡眠不足や風邪気味のときに手を出すのは禁物である。

こういったことを重々承知しているにもかかわらず、ついうっかり手を出して不幸な出会いをしてしまうことが年に何度かあって、これもその一本。観るときの心理状態を選ぶ作品であると思う。
[PR]
by beertoma | 2005-05-15 04:54 | 映画


<< 「死刑台のメロディ」 「マッチスティック・メン」 >>