安田記念反省

自信をもって消した馬たちによるワンツースリー。
ここまでハズれると気持ちがいいです。

<反省点>
アサクサデンエンの本格化が本物であったことがを見抜けなかった。
京王杯→安田記念と連勝する器だとは思えませんでした。馬名がタイキデンエンだったら買えていたかもしれません。

スイープトウショウの末脚を軽視しすぎていたこと。
というよりも、デュランダルに何度も痛い目に合わされたので、「池添、そんなに何度もうまいこと行くと思うなよ」という、非科学的な恨みを抱いてしまった。

サイレントウィットネスが能力を発揮できる状態にあったことを見抜けなかった。
でも、スプリントレースであれだけバクシンしていたら、東京では持たないと考えるのが日本の常識ではないでしょうか。


アサクサデンエンは藤田の騎乗が見事でした。彼でなければ勝てていなかったような気がします。
[PR]
by beertoma | 2005-06-06 16:00 | 競馬


<< 「暴力脱獄」 安田記念予想 >>