「アメリカン・スウィートハート」

アメリカン・スウィートハート
/ ポニーキャニオン
ISBN : B0000A4HUI

アメリカン・スウィートハート (2001)
AMERICA'S SWEETHEARTS
監督:ジョー・ロス
脚本:ビリー・クリスタル、ピーター・トラン
出演:ジュリア・ロバーツ、キャサリン・ゼタ・ジョーンズ、ジョン・キューザック、ビリー・クリスタル、クリストファー・ウォーケン

<おもな登場人物の紹介>
グウェン・ハリソン(キャサリン・ゼタ・ジョーンズ) ・・・ ハリウッドのスター。夫エディ・トーマスとのコンビによる数々のラブ・ロマンスものが大ヒット。性格は超わがまま。夫に対する愛情はとうの昔に失せてしまっており、新しい愛人と一緒に暮らしている。
エディ・トーマス(ジョン・キューザック) ・・・ 彼もまたハリウッドのスター。グウェンの心が彼から離れてしまったため、ここ最近は神経衰弱気味である。彼女に未練たっぷりなのだが、憎んでもいる。性格は温厚。
キャスリーン・”キキ”・ハリソン(ジュリア・ロバーツ) ・・・ グウェンの妹であり付き人でもある。姉のわがままを受け入れて、淡々と仕事をこなしている。おとなしい性格だが、ときどきストレス爆発。
リー・フィリップス(ビリー・クリスタル) ・・・ 映画会社の宣伝マン。グウェンとエディの新作が出来上がり、そのマスコミ向け試写会を担当することになった。彼の使命は、世間に2人の不仲を知られないようにすること、つまり、記者会見の場に2人が(表面上だけでも)仲睦まじく登場するよう取り計らうことである。
ハル・ウェイドマン(クリストファー・ウォーケン) ・・・ 映画監督。グウェンとエディの新作を監督した。

<感想>
ストーリーは、はっきし言って、ショボい。
大きな感動や爆発的な笑いを期待すると裏切られるかもしれない。

豪華5大スターの共演を楽しむ映画。
わがまま女優を嬉々として演じているキャサリン・ゼタ・ジョーンズ、クセもの映画監督のクリストファー・ウォーケンがみもの。

私はラブ・ロマンスの感動が好きではない、しかし、ここに出演している俳優たちは大いに好き、よって、楽しんで観ることができました。
[PR]
by beertoma | 2005-06-10 05:08 | 映画


<< 「血は渇いてる」 「ギャンブル・プレイ」 >>