「ヤァヤァ・シスターズの聖なる秘密」

ヤァヤァ・シスターズの聖なる秘密 特別版
/ ワーナー・ホーム・ビデオ
ISBN : B0007PIOO2

ヤァヤァ・シスターズの聖なる秘密 (2002)
Divine Secrets of the YA-YA Sisterhood
監督・脚本:カーリー・クーリ
原作:レベッカ・ウェルズ
脚色:マーク・アンドラス
出演:サンドラ・ブロック、エレン・バースティン、アシュレイ・ジャッド、マギー・スミス、ジェームズ・ガーナー、フィオヌラ・フラナガン

<ストーリー紹介>
ヴィヴィ、ティーンシー、ニーシー、キャロは、仲良し女の子4人組。
「あたしたち、いつまでも親友でいましょうね」「もちろんよ」「ねえねえ、いいこと思いついたんだけど、誓いを立てるなんてどう?」「キャーすてき」「それがいいわね」「ほんとほんと」
4人は何やら怪しげな呪文を唱えて契りを結んだ。これが、ヤァヤァ・シスターズの始まりである。

そんな彼女たちも、成長につぐ成長を重ねてしまい、今や、みのもんたに「そこのお嬢さん」と呼ばれること間違いなしのお年頃となった。

ある日のこと、ヴィヴィが娘のシッダと大喧嘩をしてしまう。ともに頑固な性格。関係は修復不可能かに思えた。
ヤァヤァ・シスターズの残り3名が救助に立ち上がる。

<感想>
豪華スターの共演でそれなりに楽しめる作品。

ただ、気に入らなかったことが一つ。
伏線で大風呂敷を広げたのに、オチがさほどでもなかったことである。
母と娘の確執の原因は、実は、昔の出来事にあった。娘が小さい頃に母がある行動をとった。娘はそれを誤解しているのだが、母は説明しようとしない。
ヤァヤァ残り3名は「彼女はまだ真実を知らないのね」「教えるべきよ」「それがいいわね」「ほんとほんと」などと言う。このシーンがあったので、いったいどんな誤解なんだろうと、こちらの期待も膨らんだ。
ところが、「そんなことでここまでもつれるか」とツッコミたくなるようなオチだったので、けっこうガッガリした次第です。
[PR]
by beertoma | 2005-06-11 06:00 | 映画


<< 阪神vs日本ハム4回戦 「血は渇いてる」 >>