「太陽を盗んだ男」

太陽を盗んだ男
/ アミューズソフトエンタテインメント
ISBN : B0002L4CNI

太陽を盗んだ男 (1979)
監督:長谷川和彦
原案:レナード・シュレイダー
脚本:長谷川和彦、レナード・シュレイダー
音楽: 井上堯之
出演:沢田研二、菅原文太、池上季実子、風間杜夫、伊藤雄之助、北村和夫、神山繁、草薙幸二郎、石山雄大、水谷豊、西田敏行

<ストーリー紹介>
独力で原子爆弾の製造に成功した、中学校の理科教師・城戸誠の物語。

<感想>
80年代前半に夢中になって観た記憶あり。ただし、内容についての記憶なし。といった状況で懐かしく再会。
和製アクション映画特有のデタラメに目をつぶれば、かなり楽しめる作品であることを再認識した。


原爆を製造したという一点を除けば、主人公はごく普通の中学教師である。この社会に適応して生きている。そんな男が最終兵器を手にした。これでどんな要求だって通るぞ。よし、みんなのためになることをしよう! でも、みんなのためになることって何だ?

主人公の気分を通して、共通の目標(あるいは、その時代の敵)を失ってしまった豊かな国・ニッポンが描かれている(ような気がした)。
[PR]
by beertoma | 2005-06-24 05:12 | 映画


<< コンフェデレーションズカップ ... 「ブレイブ」 >>