「エロトマニア/真実の行方」

エロトマニア/真実の行方 (2002)
OBSESSED
監督:ジョン・バダム
脚本:マシュー・タバック
出演:ジェナ・エルフマン、リサ・エデルスタイン、サム・ロバーズ、ケイト・バートン、マーク・カマチョ

<ストーリー紹介>
彼女は言った。「悪いのはあたしじゃない。あなたよ。奥さんと別れるって言ったくせに別れないからよ」
彼は言った。「おいおいおい。ちょっと待ったりいな。ワシとあんたとはそんな関係やないやろ。そんな誤解されるような言い方はやめてくれ」

真実はどこに?

<感想>
恐らく成人男性の97%が、そして成人女性でもその86%が、どんな内容かと気になるであろうタイトル「エロトマニア」。
語感から連想されるシーンを期待すると肩透かしを食らわされる。冒頭にジェナ・エルフマンのシャワーシーンがあるものの、カテナチオのように味気ない。

(タイトルの意味を書くとややネタバレになってしまいますが)

エロトマニアというのは神経症の一種。日常的に接点のない人(つまり、ほとんど他人であるような人)から自分は愛されていると妄想をいだくこと、であるらしい。
このヘンな女性をジェナ・エルフマンが上手く演じていた。彼女の演技がこの作品の最大の見どころ。
[PR]
by beertoma | 2005-07-01 05:31 | 映画


<< 「シャイン」 「レッド・ドラゴン」 >>