「マスター・アンド・コマンダー」

マスター・アンド・コマンダー
/ ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
ISBN : B0000YTR8C

マスター・アンド・コマンダー (2003)
Master and Commander: The Far Side of the World
監督:ピーター・ウィアー
原作:パトリック・オブライアン
脚本:ピーター・ウィアー、ジョン・コリー
出演:ラッセル・クロウ、ポール・ベタニー、ビリー・ボイド、ジェームズ・ダーシー、マックス・パーキス

<ストーリー紹介>
(公開時のコピーをもって代用)

1805年――ヨーロッパ征服を狙うナポレオンの前に
多くの兵士の命が犠牲となった。
窮地に立つ英国軍が、一人の艦長のもとへ送り込んだのは
まだ幼い少年たちであった…。

<感想>
ピーター・ウィアー監督作品、ラッセル・クロウ主演作品ということで、大いに期待するも残念な結果に終わってしまった。

140分は長すぎると思う。
海洋冒険ものが好きな人なら船が”どんぶらこどんぶらこ”してくれるだけで楽しめるのかもしれないが、こういう世界にあまり魅力を感じていない私にとっては、細かいエピソードが多すぎるように思えた。
もっと切り詰めて、冒険大活劇に重きをおいてほしかった。


多くのアメリカ人にとってはご先祖様の話だし、これくらいでいいのかもしれませんが。
[PR]
by beertoma | 2005-07-04 05:05 | 映画


<< 「愛という名の疑惑」 米子ステークス・ラジオたんぱ賞反省 >>