「ブルース・オールマイティ」

ブルース・オールマイティ
/ ポニーキャニオン
ISBN : B0009H9ZU0

ブルース・オールマイティ (2003)
BRUCE ALMIGHTY
監督:トム・シャドヤック
原案:スティーヴ・コーレン、マーク・オキーフ
脚本:スティーヴ・コーレン、マーク・オキーフ、スティーヴ・オーデカーク
出演:ジム・キャリー、モーガン・フリーマン、ジェニファー・アニストン、フィリップ・ベイカー・ホール、キャサリン・ベル、スティーヴン・カレル、リサ・アン・ウォルター

<ストーリー紹介>
ブルースは地元テレビ局のさえないレポーター。アンカーマンの座を狙っているのだが、上司には実力を認めてもらえず出世できないでいる。
ブルースは天にむかって不満をぶちまけた。すると神が現われて・・・。

<感想>
アメリカのベタなコメディ。ストーリーも「まあこんなもんか」という感じ。

神を演じるモーガン・フリーマンを見ることができるのは嬉しい。最も神にふさわしい俳優であろうから。
ただ、映画の出来がそれなりのものだったので、わざわざモーガンを起用した甲斐がないようにも思えた。

ジム・キャリーらしさもあまりなかった。
(ジム・キャリーらしさとは、例えば、腹が立ったり傷ついたりしているのに、それを隠そうとして過剰な笑顔を振りまく演技のこと。可笑しさと悲しさがよく伝わってくるので、オモロ悲しい気分になる。)
[PR]
by beertoma | 2005-07-08 04:58 | 映画


<< 「白いカラス」 「グリフターズ/詐欺師たち」 >>