中日vs阪神11回戦

某月某日

中日×阪神戦を見る。

阪神・杉山、中日・朝倉、どちらの先発投手もあと一押しで大炎上しそうだったのに、どちらの打線にもあと一本が出ず。結果的に投手戦となった。初回の赤星の牽制死が最後まで響いたような気がして仕方ない。

サヨナラホームランを打たれたのが延長12回ではなく9回、しかも先頭打者だったというのが今日の収穫ではないだろうか。リリーフ陣をそのぶん使わなくてすんだのは大ラッキー!!ということで無理矢理自分を納得させたい。




7/9(土)中日vs阪神11回戦 (ナゴヤドーム15:00)

阪 神  0 1 1  0 0 0  0 0 0   2
中 日  1 1 0  0 0 0  0 0 1X  3

 岡本(9勝3敗1S)
 江草(4勝2敗)
 [神] 金本 22号(3回ソロ)
   [中] 福留 12号(1回ソロ)、井上 6号(2回ソロ)、立浪 5号(9回ソロ)
[PR]
by beertoma | 2005-07-10 05:21 | 阪神タイガース


<< 「みなさん、さようなら」 中日vs阪神10回戦 >>