「みなさん、さようなら」

a0034898_5291042.jpgみなさん、さようなら
/ アミューズソフトエンタテインメント
ISBN : B0001X9D4A

みなさん、さようなら (2003)
LES INVASIONS BARBARES
監督・脚本:ドゥニ・アルカン
出演:レミー・ジラール、ステファン・ルソー、マリ=ジョゼ・クローズ、マリナ・ハンズ、ドロテ・ベリマン、ルイーズ・ポルタル

<ストーリー紹介>
死期のせまった父親のもとヘ仲違いしていた息子が帰ってきて、最期の時を一緒に楽しく過ごそうと努力する話。

<感想>
アカデミー賞外国語映画賞受賞作品。
ということで期待するも、イマイチであった。

息子は、証券ディーラーだかネーハイシーザーだか知らないが、給料のいい仕事をやっているため、金をたんまり持っている。彼は金の力をフルに活用する。例えば、それまでの6人部屋から個室に移るために賄賂を渡したり、父親の痛みを和らげるためジャンキーの少女にヘロインを注射させたり。こういった、何でもかんでもコントロールしてやろうという態度に納得いかないものを感じていたところ、父親も自分の死をコントロールしようとしたので、冷めてしまった。

もっと笑い飛ばすか、もっとシリアスに描くかして欲しかった。中途半端であったような気がしなくもない。
[PR]
by beertoma | 2005-07-10 05:31 | 映画


<< 中日vs阪神12回戦 中日vs阪神11回戦 >>