ヤクルトvs阪神11回戦

某月某日

ヤクルト×阪神戦をラジオ観戦。

福原が好投したのに、川島がそれ以上に素晴らしいピッチングをしたため、敗戦となってしまう。
なんというか、勿体ない試合であった。


まあ、先週と今週のヤクルト戦5試合を4勝1敗で乗り切ったのだから、これで充分と考えることにしましょう。あんまりヤクルトを叩くと、セ・リーグの食物連鎖を破壊してしまうことになります。2位以下のチームにはまだまだ潰し合いをしてもらわねばなりません。ヤクルトのモチベーションが下がったら、えらいことです。とりあえず今のところは(言葉は悪いですが)生かさぬよう殺さぬようお付き合いするのがベストではないでしょうか。明日以降の中日戦で気分よく戦っていただくために、この敗戦は必要経費であった、そう考えることにします。

(ヤクルトよ、中日に負けさらしたら承知せんぞ! 頑張ってね。お願い。)



7/14(水)ヤクルトvs阪神11回戦 (千葉マリン18:15)

阪  神  0 0 0  0 0 0  0 0 0  0
ヤクルト  0 0 0  0 1 0  0 0 0  1

 川島(6勝7敗)
 福原(5勝10敗)
 石井弘(2勝1敗19S)
[PR]
by beertoma | 2005-07-14 05:17 | 阪神タイガース


<< 「ニューオーリンズ・トライアル」 ヤクルトvs阪神10回戦 >>