「アルバレス・ケリー」

アルバレス・ケリー (1966)
ALVAREZ KELLY
監督:エドワード・ドミトリク
脚本:フランクリン・コーエン、エリオット・アーノルド
出演:ウィリアム・ホールデン、リチャード・ウィドマーク、ジャニス・ルール、パトリック・オニール、ヴィクトリア・ショウ、ハリー・ケリー・Jr

<ストーリー紹介>
南北戦争の時代。カウボーイのケリー(ウィリアム・ホールデン)は北軍の仕事を請け負う。その仕事とは、2500頭の牛をメキシコからバージニアまで移動させるというもの。牛追いの名人ケリーだからこそできる業である。もちろん彼は無事にその仕事を完了する。
ところが、報酬を手にして帰ろうとした時に、南軍の兵士に捕らえられてしまう。食料が不足している南軍は、運んできた牛を横取りしようというのである。南軍の大佐ロシター(リチャード・ウィドマーク)に脅迫されたケリーは、その命令に従うと返事する。

<感想>
このケリーが、ロシター大佐の婚約者と仲良くなったりと、話がところどころ脇道へそれて、一筋縄ではいかないストーリーが楽しい映画だった。

リチャード・ウィドマークが老けていたことにショックを受ける。(50年代のフィルム・ノワール諸作品での姿しか知らなかったので)

牛の大群は迫力あり。
[PR]
by beertoma | 2005-08-02 04:52 | 映画


<< 「翼よ!あれが巴里の灯だ」 阪神vsヤクルト14回戦 >>