「翼よ!あれが巴里の灯だ」

翼よ!あれが巴里の灯だ (1957)
The Spirit of St. Louis
監督:ビリー・ワイルダー
原作:チャールズ・A・リンドバーグ
脚本:ビリー・ワイルダー、ウェンデル・メイズ
音楽:フランツ・ワックスマン
出演:ジェームズ・スチュワート、マーレイ・ハミルトン、バートレット・ロビンソン、マーク・コネリー、パトリシア・スミス

<ストーリー紹介>
1927年5月20日から5月21日にかけて、人類史上初の大西洋単独無着陸飛行を成し遂げたチャールズ・A・リンドバーグの物語。

<感想>
出発前夜からパリ到着までが描かれている。ところどころに回想が挿入される。

ビリー・ワイルダーらしさはあまり見られない作品。横断飛行のシーンが単調になることを防ぐためにいろいろと工夫がしてあり、そこがワイルダーらしさと言えるかもしれない。

ビリー・ワイルダーはインタビューでこの作品をこう振り返っている。
「映画は彼の自伝を忠実になぞるという了解があった。あの本には一点の汚れもない。」「リンドバーグの性格にあと一歩の踏みこみが足りなかったな。」
(『ワイルダーならどうする?』キャメロン・クロウ 著 宮本高晴 訳 キネマ旬報社 P.110)


特に心を動かされるようなシーンもないし、アメリカ史のお勉強として楽しむ一本か。
[PR]
by beertoma | 2005-08-03 05:19 | 映画


<< 横浜vs阪神13回戦 「アルバレス・ケリー」 >>