横浜vs阪神14回戦

気がつけば4連敗。泥沼です。
いつもの年だとこの季節に4連敗すれば「何とか5割をキープしてAクラス入りしてくれ」と願っていたような気がします。ところが、今年は堂々と首位。しかも、2位とはまだ3ゲーム差もあります。とても不思議な気分です。

「7回裏の3点がなければ」「8回の満塁のチャンスにあと1本が出ていれば」「せっかく中日が負けたのに」などと考えると気が狂いそうになりますが、優勝争いというのはこういうものなんでしょう。阪神は極端なシーズンが多いため、「選手もファンも優勝争いを学習しろ」という天の声なのかもしれません。ドーハの悲劇、ジョホールバルの喜劇、フランス本大会の悲劇、こういった経験があったから、サッカー日本代表の選手やサポーターが成長できたのと同じです。我々も今年のペナントレースを経験することで「当たり前に強いタイガース」を手に入れることができるのではないでしょうか。(ひょっとして心の底では「強いタイガース」を望んでいないのかもしれませんが)

昨日の敗戦はウォーミングアップだと書きましたが、正確には「ウォーミングアップ 前編」でした。今日の敗戦が「ウォーミングアップ 後編」です。これで本当にウォーミングアップは終わりです。
明日の試合こそ楽しみです。

<今日の収穫>
8回と9回に見せた怒涛の攻撃。これで明日は大丈夫だ!



8/3(水)横浜vs阪神14回戦 (横浜18:00)

阪 神  0 0 0  0 0 0  0 1 2  3
横 浜  2 0 1  0 0 0  3 0 X  6

 三浦(5勝7敗)
 福原(5勝12敗)
 [横] 小池 13号(1回2ラン)
[PR]
by beertoma | 2005-08-04 03:59 | 阪神タイガース


<< 横浜vs阪神15回戦 横浜vs阪神13回戦 >>