中日vs阪神14回戦


昨日の今日だけにどんな試合をするのか楽しみ(という名の不安)でしたが、いつもと変わらぬ勝ち方だったので、安心しました。
というより、やや拍子抜けです。今までの阪神だとここでズルズル連敗するはずなのに、「昨日は昨日、今日は今日」とばかりの大人のゲーム運びをするなんて・・・。昔の巨人のような底力を感じました。阪神タイガースに新しい財産ができたような気がします。

まあ、こんな落ち着いたトーンで書けるのも勝利が確定したからで、試合中は内臓すべてに穴があきそうなくらい緊張していました。
とくに2度の満塁に2度の併殺打を打ったシーツ氏。ホンマたのんます、マジで。


<今日の収穫>
・大事な試合で福原に勝ち星がついたこと。
・この機に乗じて連勝できない中日にはまだまだスキがある、とわかったこと。

<今日の不安>
・チャンスにあと一本がなかなかでないこと。



8/10(水)中日vs阪神14回戦 (ナゴヤドーム18:00)

阪 神  3 0 1  0 0 0  1 0 0  5
中 日  0 1 1  0 0 0  1 0 0  3

 福原(6勝12敗)
 朝倉(3勝5敗)
 久保田(3勝2敗18S)
 [神] 金本 24号(1回3ラン)
   [中] ウッズ 28号(2回ソロ) 29号(7回ソロ)
[PR]
by beertoma | 2005-08-11 05:04 | 阪神タイガース


<< 「8 Mile」 中日vs阪神13回戦 >>