「8 Mile」

8 Mile
/ ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
ISBN : B00081U4OI

8 Mile (2002)
監督:カーティス・ハンソン
脚本:スコット・シルヴァー
音楽・主題歌:エミネム
出演:エミネム、キム・ベイシンガー、ブリタニー・マーフィ、メキー・ファイファー、エヴァン・ジョーンズ、オマー・ベンソン・ミラー

<ストーリー紹介>
「ヒップホップ界のカリスマ、エミネムが主演した半自伝的な青春ドラマ。ラッパーを夢見る青年が、いらだちを抱えながら、成功をつかもうと奮起する姿を描く。」
(WOWOWの番組表より転載)

<感想>
明石家さんまがWOWOWの一日編成局長として選んだオススメ映画を放映する番組、明石家映画館。その「涙が止まりま編」で放映されていたもの。内容は「涙が止まりま編とまではいきま編」だった。

ラッパーを夢見る青年の日常はうまく描かれていた。家族との確執、アルバイト先でのいざこざ、友達とケンカをしたり和解したり、恋が終わったり始まったり。こういった「よくある」エピソードが淡々と描写されていく。何てことはないストーリーといってしまえばそれまでだが、語り口が上手なので最後まで集中力を切らすことなく楽しめた。

ちなみに、こういう映画には付き物の暴力も登場するが、その描写はヴァイオレンスチックなものではない。


最後の盛り上がる場面。英語がわかれば主人公のラップのすごさもわかって、作り手の意図した爽快感を得られるはずなのに、いかんせん字幕に頼った鑑賞だったのでその域には到達できなかった。その点が非常に残念。


<ちなみに>
キム・ベイシンガー演ずる母親がTVで見ていた映画は、ダグラス・サークの「悲しみは空の彼方に」だった。(アニー・ジョンソンが娘サラの教室に入ってくる場面)
[PR]
by beertoma | 2005-08-12 05:35 | 映画


<< 中日vs阪神15回戦 中日vs阪神14回戦 >>