巨人vs阪神15回戦

歴史は繰り返しましたが、2度止まりでした。3連敗しなくてなによりです。

巨人の選手たちが、まるで人が替わったようにキビキビとプレーしていたのが印象的でした。(一部は現実に入れ替わっていたようですが。) 両チームとも守備でファインプレーを連発していました。
中でも、4回裏二死満塁のピンチで原俊介のレフト線を抜けようかという当たりをダイビングキャッチした、タイガースの三塁手のプレーは見事でした。あの娘は誰と電話が殺到 したに違いありません。

火曜日はおそらく井川が先発でしょう。先週のショック療法が効いて、とてつもない好投を見せてくれるはずです。


<今日の収穫>
・能見、桟原の好投。二人とも素晴らしい球を投げるのだから、もっと活躍して頂きたいです。
・巨人の選手たちを目覚めさせることに、ようやく成功。次の中日戦が大いに楽しみ。

<今日の不安>
・2度の死球で矢野のバッティングに影響が出ないか。

<今日の笑った>
日本テレビの中継で紹介されていた話。
前日の試合の12回表、阪神の攻撃は先頭打者がピッチャーの久保田。代打の用意をしていたシェーン・スペンサーはベンチから出た。
ところが首脳陣は久保田をそのまま打たせることを決断。スペンサーは後から平田コーチに呼び止められた。
「シェーン! カムバック!」



8/14(日)巨人vs阪神15回戦 (東京ドーム18:00)

阪 神  5 0 0  0 0 1  0 1 0  7
巨 人  0 0 0  2 0 0  1 0 0  3

 桟原(1勝0敗)
 桑田(0勝5敗)
 [神] シーツ 17号(8回ソロ)
   [中] 二岡 13号(7回ソロ)
[PR]
by beertoma | 2005-08-16 04:42 | 阪神タイガース


<< 阪神vs横浜16回戦 巨人vs阪神14回戦 >>