広島vs阪神15回戦

無口にさせられる試合でした。
といっても、やり場のない感情が身体の中を駆け巡りその結果として無口になってしまう、というのではなく、言いたいことが見つからないのです。

まあ、無駄なく負けた試合とでもいうのでしょうか。

2安打ではどうしようもありません。もし福原が頑張っていたら、かなりの確率で投手戦となっていたことでしょう。今日の流れから行くと最後にはやられていたでしょうから、早めに雲行きが怪しくなったほうが、選手にとってもファンにとっても、気分を切り替えやすくてよかったのではないでしょうか。

昨日、ヤクルト打線の調子を心配しましたが、灯台下暗しでした。こんなところに貧打が潜んでいるとは思いませんでした。
タイガースというチームは、無意識のうちに苦手なピッチャーを求めているのかもしれません。


<今日の収穫>
ノーヒットノーランをまぬがれた!


8/24(水)広島vs阪神15回戦 (広島18:20)

阪 神  0 0 0  0 1 0  0 0 0  1
広 島  0 2 0  0 0 4  2 0 X  8

 大島(1勝0敗)
 福原(7勝13敗)
 [神] 今岡 20号(5回ソロ)
   [広] 前田 20号(2回2ラン) 栗原 9号(6回3ラン)
[PR]
by beertoma | 2005-08-25 05:17 | 阪神タイガース


<< 『世紀末のプロ野球』 草野 進 広島vs阪神14回戦 >>